ペット用ドア使用の利点と注意点

ペットを飼っている家庭は非常に多い。

中でも犬や猫は定番のパートナーである。

ペット用のおもちゃ、かわいらしい洋服、寝心地の良いベッドなど、かわいいペットの為にとあらゆるものを揃えている家庭も多いだろう。

では、その中でペット用ドアを備え付けている家は、どのくらいあるだろうか。

猫を飼っている家庭の場合、自由に外に出られるようにと玄関に付けてある場合もあるだろうが、室内の部屋の行き来はペットが要求するたびに人がドアを開けたり、もしくはドアを開けたまましておく場合がほとんどだと思う。

中には器用に自分でドアを開ける術を身に付けたペットもいるだろう。

しかし、ペットの部屋を出入りしたいという要求に合わせて、いちいち人がドアを開閉するのも面倒な場合も多い上、外出中はそれも不可能な為、ペットにストレスを与える原因となりかねない。

かといって、常にドアを開放するにしても、空調の問題が付いてくる。

ペット自身が取っ手まで飛び上がり、ドアを開閉するのも、危険を伴う行為なので、極力避けさせた方が無難だろう。

そこで、ペット用ドアを利用するとこれらの問題を解決できるのだ。

人にとってもペットにとっても有益なペット用ドアだが、注意すべき点もある。

まず、ペットの体に傷を付けてしまうような、体格に合わないペット用ドアや素材に柔らかさが無いものは極力避けることだ。

また、急に見慣れないものに触れさせるので、怖がらせないよう注意は払わねばならない。

特にはじめのうちはペットに付き添って練習させるなど、安心させるといいだろう。

上手くペットの生活に溶け込ませることができれば、ストレスや危険無く自由に部屋を出入りでき、よりのびのびと過ごすことができるようになるに違いない。

Post a comment