医療系の保険に入る最良のタイミングは

 保険は、特に医療系は、仕事を始めたら早い内に入った方が良いと昔から言われている。
昨今は、保険の種類が増えたが医療系の保険も様々な会社から出ていて、どれが合っているのか探すのも大変だ。
 ネットでそれぞれ見積もりをとって、金額の安い保険を見つけるのが一番手軽だが、それが自分のライフスタイルに一番合っているかというとそうでないかもしれない。
 かといって、ファイナンシャルプランナーなどのプロに頼むのも若い内は気が引ける。
  
 そもそも、仕事を始めたら早く保険に入った方がいいというのは本当だろうか。
 医療系、生命保険、介護保険など人生に起こりうる様々な障害に備えるために色々な種類がある。
私が思うに、若い内から入った方が良いのは、医療系だけだ。
それは何故かというと、病気だけは若い内から保険をかけていても無駄にはならないからだ。
 生命保険は自分が死んで生活に困る人がいる場合、有効な保険だ。
独り身の場合は必要ない。
 介護保険は、これから制度が変わるかもしれないし、若い内はそれより他のことにお金を貯めた方が良い。

 医療系の保険が若い内からかけても無駄にならない理由は、若い内から入ると掛け金の総額が安くなることと、60歳までの払い込みで終身保険に入れること、若い内に病気になるかもしれないリスクにも備えられることという3つのメリットがあるからだ。
 他の保険も若い方が掛け金は少なくすむが、どれも若い内は必要ないことが多いなか、医療系だけは若くして病気になると必要になるということが大きい。
 保険は払う総額が少ない方がお得なので、どうせ入るなら早いほうがおすすめというわけだ。
 医療系の保険は煩わしくとも、自分にあったものに早めに入ったほうが良い。

Post a comment