生活習慣病に対応、日額1万円の入院給付金を目安にしたい、医療系の保険。

今、医療系の保険の見直し、再加入を進めているのですが、その際、ファイナンシャルプランナーの方から提示されたのが今後の将来資金で重視しているのは何かと言う点でした。

結婚、教育、住宅、老後、入院、がん対策、御葬式まで様々な角度から必要なお金を試算し、私が重視したいと思ったのが入院に掛かる費用です。

年金対策はすでに個人年金保険に加入し、将来65歳になると300万円近くを10年間にわたり支給されるので、当面、自分に関わることとして入院など健康に関わる費用に重点を置きました。



今、提案されている中で挙がっているのが7大生活習慣病による入院の際には、他の病気やケガと違い、60日の保障期間が120日になる医療系保険です。

7大生活習慣病は心臓病や脳卒中、がんの三大疾病に加えて高血圧疾患や糖尿病などの保障もカバーするものです。

これに、がん対策としてがん保険に入るというのが私のプランで、終身タイプにして一生涯、保障が受けられるものを考えています。

支払いも終身、60歳・65歳払い済みと3つから選択できるので、終身で月々の支払い額が少ないものを選ぼうと考えています。



医療系保険の中には質問内容に該当しなければ、保険に加入できるものもありますが、私の知る限りでは保険料は高いです。

加入基準のハードルを低くしている分、保険料に反映しているカタチですが、既往症の種類によって加入が難しい点もあるようです。

また、入院給付金は日額5000円の商品が多いのですが、私の入院経験からすれば10000円あった方が安心できると思います。

1ヵ月の入院で約30万円。

入院中、収入がない点も考慮すると、この金額が妥当だと思います。

Post a comment